支部大会賞

2009年11月より、日本造園学会九州支部では「九州支部大会における研究・事例発表の中で、特に優秀なもの、印象の強いものを表彰し、発表内容の質的向上と支部大会への参加意欲の高揚を図る。」ことを目的に、九州支部大会賞を創設いたしました。

目的:九州支部大会における研究事例発表の中で、特に優秀なもの、印象の強いものを表彰し、発表内容の質的向上と支部大会への参加意欲の高揚を図る。

対象:
研究発表および事例報告の中から
① 日本造園学会平成○年度九州支部大会 研究・事例報告集のみの審査賞
② 日本造園学会平成○年度九州支部大会 口頭発表に対する賞

ポスター発表の中から
③ 日本造園学会平成○年度九州支部大会 ポスター発表に対する賞

をそれぞれ1件ずつ選考する。

選考方法:

①研究・事例報告集の審査賞
選考委員会による審査を経て選考する。選考委員会は支部長、副支部長を含めた4名で組織する。

②口頭発表に対する賞、③ポスター発表に対する賞
支部大会当日受付時に、学会員に投票用紙を配布。研究事例発表終了後、すみやかに投票してもらう。得票総数の多いものから、それぞれ選定する。

賞 :

①研究・事例報告集のみで審査賞  賞状、副賞
②口頭発表に対する賞 賞状、副賞
③ポスター発表に対する賞 賞状、副賞

表彰:懇親会の中で発表し表彰を行う。
平成21年度から開始しました。

日本造園学会平成24 年度九州支部宮崎大会の研究・事例報告会における表彰者を下記に紹介します。€

最優秀研究事例報告賞
「子育てのしやすさに関わる都市公園への経路の整備条件に関する研究」
九州大学大学院芸術工学府 谷口 瑞季
九州大学大学院芸術工学研究院 包清 博之

Most Impressive 口頭発表賞
「小水力発電の活用からみた中山間農業地域における景観変化の可能性に関する基礎的研究」
九州大学大学院芸術工学府 飯田 夕貴
九州大学大学院芸術工学研究院 包清 博之

「九州自然歩道の管理と活用」
鹿児島大学教育センター 岡野 隆宏
NPO法人日本環境保全ボランティアネットワーク 志賀 壮史

Most Impressive ポスター発表賞
「平戸藩主・松浦熈の八奇勝について」
南九州大学環境園芸学部 岡 楓子、松尾 麻衣子、塚原 遼祐、永松 義博

日本造園学会平成23 年度九州支部鹿児島大会の研究・事例報告会における表彰者を下記に紹介します。€

最優秀研究事例報告賞
「鹿児島市電軌道敷緑化事業における事例報告 ―都市の緑化の先導的な役割としてー」
鹿児島市建設局建設管理部公園緑化課 前村 格治

Most Impressive 口頭発表賞
「福岡市における街路樹調査診断の事例報告」
一般社団法人街路樹診断協会九州支部 松本幸生

Most Impressive ポスター発表賞
「平戸藩松浦家庭園,御花畑の作庭に関する研究」
南九州大学環境造園学部  松尾麻衣子・木下智博・枝元大地・吉田慎・山崎宏樹・丸山遼平・永松 義博

日本造園学会平成22 年度九州支部熊本大会の研究・事例報告会における表彰者を下記に紹介します。€

最優秀研究事例報告賞
「九州地方の温泉地における観光の誘引に資する温泉利用条件に関する基礎的研究」
九州大学大学院芸術工学専攻 宮原 敏樹
九州大学大学院芸術工学研究院 包清 博之

Most Impressive 口頭発表賞
「熊本駅前クスノキの移植について」
株式会社 松亀園 松本雄介

Most Impressive ポスター発表賞
「盲導犬用トイレの利用と設備に関する研究」
南九州大学環境造園学部 枝元大地・ 永松義博

日本造園学会平成21 年度九州支部北九州大会の研究・事例報告会における表彰者を下記に紹介します。

最優秀研究事例報告賞
「熊本県における街路樹改善の取り組み」
熊本県土木部都市計画課景観公園室 田中誠

「住宅景観の計器による色彩測定の有効性について」
南九州大学大学院園芸学専攻 植田緑

Most Impressive 口頭発表賞
「造園屋 チョウを飛ばす-温室内放チョウの修景効果と話題性」
(株)西鉄グリーン土木 熊谷芳浩

Most Impressive ポスター発表賞
「雲仙市国見町神代地方の歴史的庭園の現状と保存について」
南九州大学環境造園学部 生方裕士, 國分 亮, 池田典史, 永松義博

皆様、おめでとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください